高く買取してもらいやすいシートの

高く買取してもらいやすいシートの代表は、菊や手彫、田沢切手などのシートです。
これらの中でも、保管の状態が優れていて、カラーマークが入っていれば需要も多いため、高い金額となることが多いです。
というのも、買取店においては買取を想定して鑑定するので、買取額に納得できない場合を除いては売却を前提として依頼することとなるといえます。
買取額が高くなりやすいのは、記念切手という収集家の間でとても人気があるものになります。
それにより記念切手には専門に扱っている売買仲介業業者がいて、収集家は業者経由で売買を行っているのです。
加えて、それぞれの切手やシートを、ビニールでがっちりと密封したものや、写真の保存に使うアルバムに保存されていたものは買い取り対象の品にはならないことがあります。
1960年以降販売された比較的新しい切手の場合は、額面より安い買取価格となってしまうことが多くみられます。
詳しく言うならば、切手の額面が50円以上ならば約7割となります。

▲ページトップに戻る