月別アーカイブ 2016年6月

その方法は身体を動かすことです。運動す

その方法は、身体を動かすことです。
運動すると、前頭前野が盛んに働きます。まず最初に朝起床して、準備などの行動を起こすことで脳を覚醒させましょう。
『養生訓』では次に、活動して代謝をあげることは、前頭前野をアクティブにして、頭がきれることにも結び付くのです。「心」を「脳」にすげ替えてイメージしてみてください。当書が出版された江戸時代のときにはまだそれ程把握されていなかったことですが、身体を牛耳っているのははっきりいうと脳なのです。
「概日リズム」というワードを聞いてわかりますか?概日リズムとは、おおよそ24時間周期を有する生体リズムを意味します。
この「およそ」というのがクセモノで、実のところ、人体はこのままでいると25時間周期で生活していくようにできています。
古来より人間の身体は朝起きて夜眠るように構築されています。
文明の進歩により実現できるようになった、赫耀と家の電気を点けて動く「夜型生活」は人間にはもともと適したものではないのです。今日から「朝活」をスタートさせたいと思っている方、「朝活」をスタートさせたけれど何回も挫折している方、平気です。生活時間は己自身で制御することができる、ということがきっと理解していただけたと思います。

続きを読む

▲ページトップに戻る